すぐ使える販促サービス

2017-04-11
グラスでグレードアップ
ある居酒屋では、芋焼酎のロックを注文したお客には、ウイスキー用の高価なグラスで提供している。また、吟醸酒は、薄手の上質なワイングラスで出す。 これは、グラスがよいと味わいがより良くなるという狙いがあっ...続きを読む
2017-03-27
「あと一品」に人気の野菜炒め
ある居酒屋では、野菜炒めが人気だ。人気の理由はボリュームと価格にある。 もやし、キャベツが中心で、原価が安いので山盛りで提供し、1品400円に。値段だけでも安く感じさせ、さらに目で見て「安い! 」と実...続きを読む
2017-03-15
メニューブックがわりに「? 」
あるカフェでは席に座ると、スタッフが「こちらがメニューです」と言って小さなかごを持ってくる。お客は「? 」と思いつつ、そのかごの蓋を開けるときれいな石が入っており、石には同店で提供するメニューと値段が...続きを読む
2017-02-21
ねぎらいのひと言と「うちわ」
居酒屋などで、1杯目のビールを提供した際、お客が飲むタイミングで「今日も一日、お疲れ様でした」と、スタッフがねぎらいのひと言をかけるサービスがある。 これだけでも、お客にとっては好印象だが、ある店では...続きを読む
2017-02-03
試飲スープで、暖かさを演出
冬場は、寒さが実感できるようになるにつれて、店内の暖かさが恋しくなる。そこで寒くなる時期は、店内の暖かさを店頭でアピールすることで集客力を高めることもできる。 例えばある韓国料理店では、店頭でコムタン...続きを読む
2017-01-28
お客の協力で完成するオブジェ
イベント販促は、季節の行事や記念日から発想のヒントを得ることもできる。あるカフェでは、七夕に似たお客参加型のイベントを行なって大好評を得た。 その内容は、まず大きな四葉のクローバーの絵を店内の壁一面に...続きを読む
2016-12-04
「前売りチケット」でお得なコース
映画やコンサートのチケットを、“前売り”で買うと当日券より割安になることがある。その発想を販促に取り入れて売れ行きを伸ばしているレストランがある。 この店では、毎月、期間限定で提供しているペアコース(...続きを読む
2016-11-19
「スイーツ+お酒」を提案
カフェなどの昼が中心の業種では、お酒を売るイメージが薄い。しかし新たなメニュー販促で、お酒の楽しみ方を提案している店もある。 都心のあるカフェでは「スイーツ+スパークリングワイン」という組み合わせを提...続きを読む
2016-11-03
すぐ出せる料理をディスプレイ
お通し(突き出し)を廃止する店が、以前よりも多く見られるようになった。単純に「お通し」を取らないだけだと、お客に支払い時に大きな割安感を与えて喜ばれるが、店側にとっては客単価が下がってしまい経営的にマ...続きを読む
2016-10-20
毎月楽しみなDMで効果アップ
あるレストランでは、DMで10%の回収率を確保する。その理由は、毎月DMを受け取るお客が楽しめるような内容を工夫した点にある。 ある月はプレゼント付きゲームのお知らせ、またある月は時間帯による割引サー...続きを読む

バックナンバー